釧路ロータリークラブ 国際ロータリー第2500地区 Rotary Club of Kushiro
通 算
3424回
2016-2017年度
第10回 例会報告
2016年09月15日
例 会 内 容
職場訪問
北海道電力(株)釧路統括電力センター
会長の時間
副会長挨拶 脇 弘幸副会長

本日は鳥取神社の例大祭であることから、木下会長は欠席されております。代わりにご挨拶させていただきます。

本日のプログラムは職場訪問ということで、ここ「北海道電力株式会社釧路統括電力センター」にお邪魔させていただきました。およそ4年ぶりの訪問となります。今年の夏は釧路に台風がいくつか上陸しまして、北電さんも対応に追われたものと思います。そのようなお忙しい中ご協力いただきありがとうございます。今日は釧路地方の電力供給システムについて、改めて学び理解を深めたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

先週は80周年の実行委員会担当ということで例会がありまして、部会長からいろいろお話ありました。改めて2点ほどお知らせをさせていただきたいと思います。1点目、数学検定事業が8月27日にスタートをしております。来週の土曜日9月24日には朝陽小学校、鶴野小学校、大楽毛小学校で実施が予定されております。その後も10、11、12月と開催し、年明けの2月17日に全て終了する予定でございます。全てが終わりますと、市内小中学校44校、約3,000名の子ども達がこの数学検定を受験することになります。今のところ各学校は順調に開催が進んでいます。

もう1点、これも80周年事業のひとつです。ブータンのティンプー市内の小学校へ浄水タンクと手洗い場を設置する事業ですが、こちらは7月下旬にクラブからの負担金、地区からの補助金の現地への入金が終わりまして、その後工事が進みました。今月の9月20日に引き渡しセレモニーが現地で行われる予定です。このセレモニーに、クラブから木下会長、小船井パストガバナー、荒井大委員長、舟木大副委員長、土橋国際奉仕委員長の5名が出席する予定です。舟木さんと土橋さんは先日の11日(日曜日)に釧路を出発し、11泊12日の行程でタイからブータンに回ってくる予定と聞いています。荒井さんは今日、釧路を出発することになっています。会長は鳥取神社のお祭りが終わり17日にブータンへ向かうと聞いています。小船井さんは東京から20日に間に合うように現地に入るということを聞いています。この事業も今のところ順調に終わりそうなところまで来ています。

残すは、11月5日の志田先生の記念講演・式典・祝賀会ということになります。しっかり準備をして当日を迎えたいと思います。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

本日のプログラム
職場訪問例会 北海道電力㈱釧路統括電力センター

職業奉仕委員会 委員長 髙橋 徹次 会員

 まずは職場訪問例会を開催させていただきました戸賀瀨会員・北海道電力株式会社釧路支店長、ならびに統括電力センターの職員の皆さまに厚く御礼申し上げます。職員の方々には駐車場のご案内までしていただきました。重ねてお礼申し上げます。

ロータリークラブに入会してまだ日が浅い私ではありますが、ロータリークラブの仕事をとおして社会に奉仕する「職業奉仕」ということに、私自身非常に感銘を受けております。そういった意味で、普段見学する機会が少ない他業種の職場を拝見させていただくことは非常に勉強になるということで、私自身も楽しみにして来ました。

4年前にも見学会があったそうですが、制御室もリニューアルされ、先日拝見させていただきましたが非常にハイテクで感銘した次第でございます。本日はどうぞよろしくお願いいたします。それでは、戸賀瀨会員よろしくお願いいたします。

北海道電力株式会社 釧路支店長 戸賀瀨 薰 会員

 皆さん、改めましてこんにちは。本日はようこそ統括電力センターにお越しいただきありがとうございます。今、お話ありました通りこちらでは4年振りで2度目の方も多くいらっしゃると思いますが、2年前に制御盤がリニューアルされていますので、見た目は変わりないと思いますが、内容的にはかなり最新の設備となっております。期待していただければと思います。

実は、ここの設備は我々社員でもなかなか見る機会がなく、たぶん社員でも半分も見ていないと思いますのである意味、貴重な機会だと思います。限られた時間でありますが、ぜひご覧いただければと思います。

お手元の封筒の中に資料が何点か入っています。まずは色のついたチラシをご覧ください。これは、“Ene Mall(エネモール)”と言いまして、この6月から私どものお客さまに向けた、他電力のお客さまでも構わないのですが、新たなWEBサービスです。会員登録していただきますと、いろいろなサービスを利用できたり、ポイントに応じて北海道のご当地商品と交換できたりします。実は来月10月から入会拡大キャンペーンを行う予定になっており、近くコマーシャルや新聞等に広告が載ると思います。すでにご登録いただいている方はもちろん、まだ登録いただいていない方も、ぜひ登録していただければと思います。エネモールのサービスの一つに、“電気の使い方が分かる”というものがあります。最大で過去24か月の実績が確認出来ます。一般的に検針した結果は毎月1度検針票が皆さんのご自宅に投函されていると思いますが、このWEB料金サービスに登録していただきますと、2年間分の今年と昨年の実績を確認しながら電気使用量や料金の変遷がご覧いただけます。平均使用量や1日の平均使用量も分かる形になっていますので、より賢い電気の使い方にお役立て出来るものと考えています。こちらも合わせてご登録いただければと考えています。

封筒の中に2点ほど粗品を入れさせていただいております。箱に入っているのは“テープのり”で大して珍しくありません。もう一つは、ビニール袋に入っている、石炭火力発電所の石炭を燃やした後の灰を利用している“脱臭剤”になっています。これは靴用で、中に2つ入っていますので、片方ずつ入れていただきますと脱臭効果に加え湿気も取れますのでゴルフをされる方はラウンド終了後に、ゴルフシューズに入れていただけると良いと思います。6か月間で有効期限が切れますが、切れた後も植物栽培の土壌改良剤としてさらに使えます。ぜひ、ご活用いただければと思います。

では、この後は統括電力センター所長のあらたによりご説明いたします。

 

 

北海道電力株式会社 釧路統括電力センター 所長 新谷 寧(あらたに やすし) 様

 皆さん、こんにちは。当釧路統括電力センターの所長を務めております、新谷と申します。どうぞよろしくお願いいたします。本日はお忙しい中、我々の統括電力センターにおいでいただき、大変ありがとうございます。私事ですが、今年の6月末に20年ぶり勤務ということで戻ってきました。前任地は静内の水力センターにおりまして、静内にいた時には2510地区静内ロータリークラブに9か月間ではありましたが、在籍させていただきました。さきほどロータリーソングが聞こえてきて、非常に懐かしく思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

我々の紹介をさせていただきますと、皆さんは「送電線」をよく見られると思いますが、この事業所は釧路・根室・十勝地区の「送電線」とそれに接続されている変電所などの「電力設備」を保守・運用をしている所です。我々の管轄する地域は、非常に広域になっていまして先ほど申したとおり釧路・根室・十勝となっています。この事業所だけではなくて、この他に中標津と帯広の2か所の電力センターが下部組織にありまして、合わせて3か所で設備の保守・運用をしています。この事業所には、現在110数名勤務しております。中標津は約20名、帯広は約50名で、総勢約180数名で「送電線・電力設備」の保守・運用をしております。ちなみに道路縁にある「配電線」については、戸賀瀨支店長がおります「支店」や管内「営業所」で管理しております。我々が保守している設備は、超高圧と言いまして、22キロボルト、33キロボルト、66キロボルト、18万7,000ボルト、最高電圧の27万5,000ボルトというところまで管理しております。

先般、台風の影響で、停電等々ご迷惑をおかけしましたが、台風や雷などで事故・障害が設備に発生した場合には、それぞれ釧路・中標津・帯広の管轄の電力センターから現場に出向して、事故箇所の巡視、そして事故箇所を見つけて復旧ということで、迅速な復旧に努めるよう所員が一丸となって取り組んでおります。本日は大変短い時間ではありますが、この事業所がどのようなこと行っているのかというところを少しでもご理解いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この後、詳しい説明は私どもの工務のグループリーダーである廣川から説明させていただきたいと思います。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

 

北海道電力株式会社 釧路統括電力センター工務グループリーダー 廣川 敬二(ひろかわ けいじ)  様

 工務グループリーダーの廣川と申します。よろしくお願いいたします。私からは職場概要につきまして新谷所長からお話があった補足をさせていただきます。その後、系統運用業務をご覧いただきたいのですが、本物はお見せすることは出来ませんので、私どもが系統制御の訓練を行う訓練室で系統制御を模擬しているところをご覧いただきたいと思います。

お手持ちの資料『釧路・根室・十勝の電気』という冊子をご覧ください。「設備概要」についてお話いたします。私どもの商品であります「電気」というのは、それぞれの発電所で発電した電気を送電線で送って、最終的には商店・農業電化・小規模工場、一般ご家庭などで使われています。皆さんのご家庭では、100ボルト、200ボルトの電圧の電気を通常使用していただいております。戸賀瀬がおります釧路支店は6,600ボルトの配電線から皆さんのご家庭までの電気、流通的に言いますと「小売り」ですが、そちらを一手に担っている部署です。私ども釧路統括電力センターは、配電用変電所というところから遡って発電所までの間、この間の変電所や送電線を管轄しています。ですから通常の皆さまの電気を使用するのに、弊社として対応するのは釧路支店や弟子屈営業所、中標津営業所、根室営業所になります。私どもは、技術部隊として釧路支店管内の他、十勝地方含めて管轄しております。私どもの業務は送電線や変電所で皆さまのご家庭の電気が停電することがないように日々努めさせていただいています。それをご紹介させていただきました。

このあとは訓練室に移動していただき、模擬制御をご覧いただきます。

 

(訓練室へ移動 見学)

 

職業奉仕委員会 委員長 髙橋 徹次 会員

本日はどうもありがとうございました。戸賀瀬支店長様、詳しい資料のみならず粗品までいただきまして厚くお礼申し上げます。

粗品の脱臭剤は、僕はゴルフをやりませんので、サイクリングシューズに入れさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。

  

点鐘

その他の報告
ニコニコ献金
お名前(敬称略)内     容
今年度累計 342,000円