釧路ロータリークラブ 国際ロータリー第2500地区 Rotary Club of Kushiro
通 算
3425回
2016-2017年度
第11回 例会報告
2016年09月29日
例 会 内 容
新入会員歓迎会

会長の時間
会長挨拶 木下 正明会長

 皆さん、こんばんは。本日は『新入会員歓迎会』ということで、楽しみな夜間例会でございます。4月からの入会者が5名。うち3名ご出席をいただいております。4月からで、まだ日にちもあまりない中ですけれども、大分慣れていただけたのではないでしょうか。この夜間例会で益々懇親を深めていただきまして、ロータリーライフを楽しんでいただければありがたいと思っています。

 先週、ブータンに行って参りました。ティンプー市内の小学校で、そこは朝と晩しかお水が出ないという状態です。ですから朝と晩に出る水をタンクに溜めて、昼間その水を使っています。しかし、その学校は1,000名もの子供たちがいらっしゃるので、手を洗うにも足りない量しか溜められないということでした。そこで釧路ロータリークラブの80周年事業の一つとして、クラブからの拠出と地区の補助金を利用させていただき総額70万円の事業として、手洗い場と3トンのタンクを3基設置させていただきました。

それを目の前で見て「ありがとう」と子供たちに言われて、逆にこちらが感謝をしたような次第でございます。

 ブータンは小学1年生から英語を習っていまして、おおくの子供たちが堪能でした。体育館でお礼の会がありまして、そこで小学6年生の女の子がスピーチをされましたが、およそ6分間も英語で話されました。私は多分1割くらいしか理解をしていなくて、荒井会員は理解されていたようですが、最後の方はシェイクスピアの1節を使ったフレーズが出て来たということです。これは教育のレベルが高いので、環境さえ整えば世界で活躍する人が出て来るのではないでしょうか。我々が行っている教育で地域を何とか盛り上げようということと、国際奉仕の連携した良いプロジェクトになったと思っております。

本日、80周年実行委員会の役員会がありました。もう1ヶ月余りというところになって参りまして、かなり佳境になっている中で、11月5日には、釧路出身の東進ハイスクール・東進衛星予備校の数学の講師をしております志田晶先生にご講演をいただくことになっております。志田先生は釧路出身で「地域を盛り上げるためであれば」との思いから来てくださいます。満員でお出迎えをしたいと思いますので、会員の皆さんは3名~5名位の方に声掛けいただくとありがたいです。ご協力のほどをよろしくお願いいたします。

 本日メールやファックスを送りましたが、2500地区で常設の事務所を設置することに対する賛成か反対かという意見を伺う書類が来ております。常設のメリットなどが書いてございます。お読みいただきまして遠慮なく思ったところを事務局の方にお知らせをいただければと思います。理事会で取りまとめて、地区へ回答させていただきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

 最後になりますが、10月1~2日に2510地区の地区大会へ小船井パストガバナーと私と樋口幹事で行って参ります。小船井パストガバナーがRI会長代理という立場で出席されますので同行いたします。その際に、ここにある鐘を持参します。この鐘は札幌ロータリークラブから80年前にいただいた品です。今回の地区大会で、小船井パストガバナーのお計らいにより「この鐘で点鐘をする」と言っていただきました。そのようなイベントの設えがありますので、当クラブの鐘が80年振りに札幌へ戻って「カン」と鳴るところを拝聴出来ると考えております。また、地区大会の報告として会長挨拶でお話しをさせていただきたいと思います。

以上でございます。

  

点鐘

本日のプログラム
新入会員歓迎会

親睦活動委員会 委員長 後藤 公貴 会員

 改めまして、こんばんは。それでは、早速本日のプログラム、『新入会員歓迎会』を開会いたします。開会に先立ちまして、本日の例会を担当されますロータリー情報委員会委員長・吉田秀俊君よりご挨拶を申し上げます。吉田会員よろしくお願いいたします。

 

開会挨拶 ロータリー情報委員会 委員長 吉田 秀俊 会員

 皆さん、こんばんは。情報委員長の吉田でございます。

登壇するのが久しぶりでございますので遅くなってしまいましたが、3月に開催されましたIMでは、皆さんに大変お世話になりました。この場を借りまして改めてお礼を申し上げます。ありがとうございます。

 本日は、『新入会員歓迎会』ということで、今回は5名の方が対象となっておりますけれど、本日は、みずほ銀行の萬さん、NTTの工藤さん、NTTドコモの杉田さん、この3名が出席されております。本日は、この3名が主役でございますけれど、新入会員という立場で主役になれるのは本日だけですので、ぜひ、十分に楽しんでいただきたいと思っております。

 皆さん、ご承知のように今年は『釧路ロータリークラブ創立80周年』という記念すべき年でありまして、このような年に入られた新入会員は、大変ラッキーでないかと思っております。10年に一度というビッグイベントを経験することは、なかなか出来ないことであります。釧路クラブのメンバーの一員として尽力いただきましてロータリーの良い思い出にしていただければと思っております。

 普段の例会、委員会、そして今回の周年事業を通しまして、一日も早く釧路クラブに馴染んでいただき、ロータリーライフを存分に楽しんでいただければと思っております。

情報委員長からの挨拶とさせていただきます。本日は、1日よろしくお願いいたします。

乾杯挨拶 クラブ広報・会員組織委員会 副委員長 白幡 博 会員

 本来であれば浅川委員長が乾杯の発声をするところでございますが、私、代打でございます。よろしくお願いいたします。ビールもぬるくなりますので、早速乾杯をしたいと思います。

 先ほど、吉田情報委員長の方からもお話がありましたように80周年ということで、非常に記念すべき年にご入会をされました本日3名の方、本当におめでとうございます。心から歓迎を申し上げます。同時に11月5日、何としても皆さんの力を合わせて80周年を成功裡に結びつけたいと思います。その意味も含め併せて乾杯をしたいと思います。

 ご入会おめでとうございます。

“乾杯”

 

(拍手)

 

後藤親睦委員長

 白幡副委員長、ありがとうございました。

 本日のお席のご説明を少しだけさせていただきます。本日は、指定席とさせていただいておりますけれども、それぞれ5名の新入会員のスポンサーの皆さんや所属委員会・大委員会など関連づけた指定席になっております。本日ご出席の3名の新入会員の皆さんは、若い方から重鎮まで沢山いる中で、1日でも早くロータリーの雰囲気に慣れていただくよう親睦を深めていただきたいと思います。後ほど余興も若干用意をさせていただいておりますのでぜひお時間の許す限りご歓談をお願いいたします。

(歓談)

 

新入会員挨拶

株式会社みずほ銀行 釧路支店 支店長 萬 慎吾 会員

 皆さん、こんばんは。みずほ銀行の萬です。

私、今年4月にこの道東へ戻って参りました。元々は中標津出身です。北海道を出て13年振りにまた北海道へ戻って来たということです。

昨日優勝を決めたファイターズ。実は13年前2003年に北海道へ来たということで、私と丁度入れ違いといいますか、私が北海道にいた頃はファイターズを応援することもなかったのですけれども、東京へ行ってからは北海道ファイターズということでファイターズを応援していて、今回リーグ優勝が出来たということで凄く良い年だということ。あと、コンサドーレ札幌も今年はJ2で2位に大差を付け1位ということで、優勝は近いと思っています。そして、先ほどもありましたけれども釧路ロータリークラブ創立80周年ということで、凄く良い年に北海道へ戻って来られたと思っています。

 入会をしてから「お前の親父、知っているぞ」と言われることが結構あります。私の父は25年位前に中標津のJCで理事長をやっていたこともあって、そのころからお世話になっておりまして、親子でお世話になっているということで本当にありがとうございます。

 また、私の祖父もロータリアンでございまして、中標津ロータリーに1967年から30年位、ロータリーにいたと聞いています。いまも中標津にいまして93歳ですけれども、清水先生と2回くらい韓国へ行ったとか、中標津ロータリーの会長を2・3度やったとか、分区代理もやったと聞いていて、清水先生が言うには「相当熱心なロータリアンだった」と聞いております。ということで、親子2代ではなく3代に亘って釧路ロータリーの皆さんにはお世話になっているということで、人と人との繋がりというものを凄く感じている次第です。

祖父が、ロータリアンだったということもあり、その血を引いているということもありますので、この奉仕の精神でこの地域を中心とした社会に貢献出来るように皆さまと一緒に頑張っていきたいと思います。ぜひよろしくお願いいたします。

 

株式会社NTT東日本北海道 釧路支店 支店長 工藤 誠 会員

 只今ご紹介いただきました。工藤でございます。よろしくお願いいたします。7月からロータリーに参加をさせていただきまして、皆さまにまだご挨拶が出来ていない方々もいらっしゃいます。申し訳ございません。この場を借りてお詫びします。

 7月に来てから間もなく3ヶ月になろうというところですけれども、釧路ロータリークラブの皆さま、街の皆さまに良くしていただいておりまして、非常に良い所だなとつくづく思っています。私は函館生まれの札幌育ちで、いま萬さんが“地元”とお話しされていましたが、私の母親は函館と青森のハーフですけれども、ボチボチ地物ですのでよろしくお願いします。

釧路に来てから港祭りや根室の神輿を担がせていただくなど色々と行事にも出させていただきまして、非常に良い所だなと思っております。

今年の夏は釧根地区も台風、本日も後ほどありますけれども大雨、の被害がとても酷くて、私どもも特に羅臼は非常に大変でした。北電さん、ドコモさんと一緒に最初の土砂崩れの所、知円別の奧などに私どもの工事部隊と営業部隊で行っていました。漁船でないと渡れないような所です。2回目のときは、ほぼ終息して「お祓いを鳥取神社さんへ行って、みんなでやっていこう」と冗談ぐらいは言えるようになったときに、もう一度土砂崩れがあって、残念ながら巡回監視をされていた方がお亡くなりになられました。その数日後、その現場へ行きましたが、人生はタイミングというか、運命ってあるのかなと思いました。1mくらい、それくらいだけなのです道路が土砂崩れをしているのは。ちょっと遅れたら全く大丈夫だったのに、たまたまそこに行ったら、1mちょっとだけの土砂がザッと落ちて、車ごと海へ流されてしまったと。ご遺族の方も非常に胸が痛いだろうと思って現場を見ていました。

 私ども災害対策の演習などを色々と行っていますけれども、私はどちらかというとNTTの中でも営業系で、あまり技術的なところはうとい方で、「何かやっているな」と思って見ていましたが、今回はドローンを飛ばして線を引っ張って行ったりするのを見て、ドローンは農薬を撒いたりするだけではなく使えるのだなと思って大変勉強にもなりました。色々な災害の所については、現地の住人の皆さまに私どものライフラインを含めてしっかり維持をする責務がございますので、今後とも災害のみならず経済のことについても微力ではありますけれども弊社も1つでも2つでも釧路・根室地区の皆さまに貢献出来るように頑張って参りたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

株式会社NTTドコモ北海道支社 釧路支店 支店長 杉田 敦 会員

 ドコモの杉田でございます。よろしくお願いいたします。

私は、本日、羅臼の方へ行って参りました。先日の台風被害の関係でお世話になった方々にご挨拶とお礼に行って参りました。本日、台風関係のお話しを私もしようと思っていましたが、ちょうど工藤さんが話されましたので、ダダかぶりということで割愛させていただきます。

私は7月に来まして3ヶ月が経って、仕事では台風など色々あり割とバタバタとしましたけれども、プライベートの方では家族と共に釧路へ参りましたが、大分落ち着いて来ました。釧路へ来て本当に良かったと思うことが幾つかあります。まず、子供が東京では給食を残していましたけれども、残さず食べるようになりました。魚を食べられなかったものが、家でサンマなどを色々食べるようになりまして非常に良かったです。何年後かに帰るか分かりませんけれども、ちょっと舌が肥えて困るかなと思っておりますが良かったと思っております。妻もマンションに入りまして色々な友だちが出来て、マンションの中で近所の家族でお互いに泊まり合いなどしておりまして、受け入れていただいてありがたく思っています。釧路という街が我々家族にとっては非常に良い街で、3ヶ月経っていま非常に安心しています。

下に息子がいるのですけれども、先日「好きな子が出来た」と、小学校1年生ですが告白をして来ました。誰かということを確認したら、本日はこちらへいらっしゃっていないですけれども瀧波会員の娘さんに私の息子が恋をしたと。「ひなこちゃん」というらしいのですけれども、非常に可愛くて毎日「遊びたい、遊びたい」と言って、良い間柄をさせていただいているように見ています。

本当に釧路との縁がもの凄く強くなるのではないかということで、早くも期待しております。私、3ヶ月で色々まだまだ分からないので皆さんにお世話になることが沢山あるかと思いますけれども、家族ともども釧路に根を張ってしっかり頑張っていきたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

 

(歓談)

 

中締め挨拶 西村 智久 直前会長

直前会長としてこのような場に立つことは初めてでありますので、初めて“直前”を実感しております。おそらく誰かが急に欠席をしたから代役だと思います。

(後藤親睦委員長:違いますよ!)

今日の昼過ぎに電話が来て頼まれているので、絶対代役です。

さて、釧路は天気が良くて、本当はもっと過ごしやすい季節でありますが、誰が雨男かは分かりませんけれど、今年は来ないはずの台風が3度も来ました。私も台風で大被害を被った1人で、フロントガラスをガッツリやられました。幸いにも、体には何も被害がなくいまここに立っている訳であります。

長々と喋っても仕方ありません。3名の新入会員、おめでとうございます。と共に80周年を機に本当はもっと新入会員が増えても良いのではないかと考えております。今年になってから転勤の方の入れ替え以外の新入会員がまだ入っていないのが現実であります。ぜひ会員諸兄の皆さま方、周りの方々にいまこの80周年、良い機会でありますのでPRして新入会員を増やしていただきたいと思います。このチャンスを逃す手はありません。多くの新入会員を迎え、楽しい80周年を迎えたいと思います。

では、1本で締めたいと思います。木下丸が順風満帆に航行をして、新たな会員が沢山増えることをご祈念いたしまして一発で締めたいと思います。

お手を拝借いたします。

よーお“パン”

ありがとうございました。

その他の報告
ニコニコ献金
お名前(敬称略)内     容
舟木  博 ブータン、プーケット ロータリークラブ無事訪問してきました。
後藤 公貴 なゆたの会、優勝させて頂きました。ありがとうございます。
今年度累計 380,000円