本文へスキップ

Rotary International District 2500 Kushiro Rotary Club

会長方針President's Policy




会長方針


2021-2022年度 釧路ロータリークラブスローガン

『我がロータリーを楽しむ。我が地域を育む。』


 
 この地域にも戦争の足音が聞こえ始めたであろう昭和11年11月23日、釧路ロータリークラブは奉仕の理想を掲げた30名の有志により創立され、これまで85年に渡り独自の歴史と伝統を築き上げ、規律と寛容を両立させた素晴らしいクラブに発展してきました。
ロータリーの本質が、例会に出席しメンバーと楽しく語らい学びあうことにより自身の心を豊かに成長させ(親睦)、その心をそれぞれの家庭や職場、地域に持ち帰って実践に繫げていくこと(奉仕)であるとすれば、これからも我々はロータリーを楽しむことと豊かな地域を育むことが、より強く連携し好循環していく活動を目指すべきだと考えます。
国際ロータリー シェカール・メータ会長は、今年度のテーマに「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」を掲げ、奉仕とは自分がこの地上に占める空間に対して支払う家賃であり、謙虚な気持ちで奉仕することが誰かの人生、そして社会を豊かにしていき、その循環によって自分の人生も豊かになると説いています。また、国際ロータリー第2500地区漆崎隆ガバナーは「ロータリーの素晴らしさを広めましょう」というスローガンを掲げ、地区方針に「親睦と持続可能な奉仕活動の推進」を示されました。
これらを踏まえ本年度は、コロナ渦からの再出発という思いも込めた創立85周年を節目として、先達から受け継がれてきた我がクラブの歴史を振り返ることにより、その存在意義を再確認し、改めてこの釧路ロータリークラブで活動ができる喜びを分かち合い、家庭に職場にそして地域に、その活動の輪を広げていく一年にして参ります。会員皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

クラブ活動目標
1.例会プログラムを充実させ、ロータリー活動をより楽しんでもらえるよう努める
2.85周年の節目に釧路ロータリークラブの歴史への理解を深める
3.会員増強と退会防止による純増5%(5名)の達成
4.クラブ研修セミナーを開催し、ロータリー活動への意識を高める
5.メークアップ体験会を実施し、他クラブの活動への理解を深める
6.My Rotaryへの登録の推奨に努める
7.インターアクトクラブ、ローターアクトクラブ、嵯峨記念育英会への支援と協力
8.ロータリー財団、米山記念奨学会への理解と寄付の推進
9.国内他クラブとの友好関係構築を探る


2021年9月のロータリーレート
110円/$

Kushiro Rotary Club釧路ロータリークラブ

〒085-0016
     北海道釧路市錦町5-3
       三ツ輪ビル2F
      TEL 0154-24-0860
      FAX 0154-24-0411

アクセスカウンター
アクセスカウンター